スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012全日本筑波Rd参戦記 その7 練習走行編

4/11この日の練習はギリギリ午前中はもつかもたないかのキワドイ天気予報。
筑波のレインは走ったことないので、雨降るといいな~と思いつつ筑波へ前日入り。

当日、空模様見てこりゃ雨降るなと判断。レイン用のセッティング変更に取り掛かる。
レインタイヤはダンロップの新品を買うお金が買ったので、手持ちのピレリで。
なので作業が結構大変。

プリロード&ダンパーのセッティング変更。
フロントの突き出し量変更。
リアの車高変更(リアサスとフレームの間にあるシムを抜くんだが、これが一人でやると超大変
そしてタイヤの組み込み。
予めスペアホイールはタイヤを外した状態にしてたんだが、やっぱタイヤ交換は疲れる

作業が完了し、一息つきつつ周り見てみると、レインの準備してるの自分しかいないみたい。
どうもヤフー予報だとギリギリ午前中はもつ予報で、レインタイヤ自体持ってきてない人がほとんどみたい。

走行時間が近づいてきたが、まだ雨は降ってこない。
こりゃ一本目は走れないかもな~。などと思ってたらパラパラと雨が。
あっという間にフルウェットへ。
そんなこんなで走行の時間となったので、みなさまの阿鼻叫喚を尻目に自分はテンション上がりつつコースイン。
話には聞いてたけど、筑波って雨でも膝すれる!!1コーナーどころか最終コーナーでもすれる!!グリップいいねー!!と関心しつつ1本目は終了。

2本目は走行前に太陽が顔を出し、ライン上はほとんど乾いてるセミウェットへ。
みなさん待ってましたとドライタイヤ出撃。自分はドライの路面をレインタイヤで走るとどんなフィーリングなのかと、どれくらいでタイヤが終わるのか経験しときたかったので、レインタイヤで走行。

走り始めはドライタイヤを履いてるマシンについていけてたが、すぐに周りのペースが上がりとてもじゃないけどついていけない状態に。 
5週くらいして2ヘアでハイサイドしかけたり、最終コーナーの立ち上がりで大外から抜かれたりしつつ、7~8週くらいでピットイン。リアタイヤの状態を確認するとかなりボロボロ。まだ数週は行けそうな状態だけど、ここで走行終了。

3本目はまた雨が降り、フルウェットへ。
リアタイアを状態の良いのに交換し、走行開始。
台数も自分入れて3台しか走ってなく、かなり気持ちよーく走って本日の走行は終了。

チャタリングも出ず、地方選手権で上位走ってる連中よりも早いペースで走れたし、久しぶりに楽しく乗れてこの日は大満足




次週の練習の4/18はドライでコンディションも良好。
この前のダンロップモニター試乗会のときに、大木さんにセッティングに色々相談し、もしかしたらバネレートが低すぎてタイヤが潰せてないんじゃないかとアドバイスをもらったので、この日はバネレートを上げてみることに。
もう本番まであまり時間がないので、フロントフォークをYSP茅ヶ崎の店長号からお借りし、全部で3種類のバネレートを試せるよう準備。 (自分のバネレートは9.0kgで、店長号は9.5kg。)
ひとまずは9.25kgで走行開始。
バネレート上げるとやっぱり曲がらなくなるので、ライン取りとか倒しこみのタイミングとかを修正しながら、ペースを徐々に上げる。
チャタリングは9.0kgのときより多少マシなフィーリング。 あまり旋回性が落ちるのもイヤなので9.25kgでつめることに。
結局走行3本で、色々な方向のセッティングを10種類くらい試す。
が、チャタリングは解消されず
良くなったと思ってペースを上げると出て、セッティング変えて良くなったと思ってペース上げると出ての繰り返し
タイムは1秒6で終了。
一番初めからすると大分良くなっているが、こんなんじゃ全日本、余裕の予選落ちレベル・・・。

全日本の前哨戦として筑波選手権にエントリーしたので、次の練習は明後日の特スポ。
前哨戦とはいえレース本番。もう時間もない!!ベースセッティングすら出そうな気配がない!!さあどうする?けどアイディアも出ない
涙ちょちょぎれそうなくらい凹みながら、この日の練習は終了。


つづく

writer : ama
スポンサーサイト

theme : サーキット走行
genre : 車・バイク

2012全日本筑波Rd参戦記 その6 練習走行編

この週の練習は、4/4(水)練習走行4/5(木)ダンロップのモニター走行会と二日連チャンのプチ合宿。
さあ、集中して一気にセッティング出すぞ!と気合を入れて行った初日はまたもや強風の為、コンディションはダメダメ・・・。
「ま、タイムは気にしないで、セッティングに集中だ」と気を取り直す。

まずこの前やろうと決めていた、フロントのローコンプをハード方向へ。
23→15→13→11→10→8→6戻しと、どんどんどんどん締め上げるとフロントのフィーリングは良い方向へ
チャタリング解消まであと一歩という感触。 ただ、当然ながら曲がらなくなる。

ならば、リアのセッティングに全く手をつけていなかったので、そっちで曲がる方向に味付けしようかなと、まずはローコンプを21→19→17戻しとハード方向へ。
曲がるようにはなったが、少し1ヘアとかでリアが少し跳ねてる気がする
リアを少しイジったところで時間切れ。

タイムは2秒フラットしか出なかったが、風が強すぎたのでこんなもんかなと。
希望の光が見えてきたところで水曜日の練習は終了。

この日は筑波サーキット駐車場敷地内のホテルステップワゴンで就寝。


翌日、少し寝坊し、あせりつつパドックへ。
既に皆さんピットに荷物を下ろして準備ほぼ完了な気配
台数は通常の練習走行の半分くらい。昨日見た方もちらほら。みんな仕事なにしてんだ?(自分もなw)
ピットはまだいつもみたいにカツカツな状態ではなかったので、同じR6ユーザーの方にピットご一緒させてもらいました。

受付&ブリーフィングを済ませ、新品タイヤ1セットを頂く。
なんと今回の走行会は新品タイヤ1セットを頂けるという、超ステキなモニター走行会。
やっぱダンロップとかブリジストンだとサポートしっかりしてていいよね~と感動しつつ、走行に向け準備。

走行枠は15分×3本。この日は昨日とうって変わって天気は快晴、風もほぼ無風で絶好のコンディション。
こまめにピットインするとすぐに時間切れになってしまうので、基本的に走行と走行の間にセッティングを変える方向で。

プリロード 3→2回転 ソフトへ  チャタ少し増える
テンション 15→13戻し ハードへ  これもチャタ増大
空気圧(温感) F2.0R1.8 → F2.0R2.0 → F1.9R2.0 フロントの空気圧を抜くとチャタは減るけど、さすがにこれ以上は圧減らせないな (基準は温感でF2.2R2.0 ただ冷感合わせが基本だそうです)

タイムは1秒7で終了。絶好のコンディションだったのに0.3秒しか縮まってない
ん゛ん゛ー、なんか段々マズくなってきたぞ。


つづく

Writer : ama

theme : サーキット走行
genre : 車・バイク

2012全日本筑波Rd参戦記 その5 練習走行編

3/28、この日の練習走行は、天気もよくコンディションは上々。
リアは特に弄らず、フロントのセッティング出しに専念。

まずはプリロード、3回転 → 1回転 → 4回転掛け。
チャタ具合は特に変わらず 

次はハイコンプ、2 → 2.5 → 2.75戻しでソフト方向に。
多少良くなってるが、根本解決の方向じゃない印象。最終コーナーは旋回性は上がってるけど、ベースセットがある程度出るまでは手を付けない方がいいかもと判断。

最後ローコンプ23→25戻し
変わらん

3本走って、色んなパターンのセッティングを試すが全く解消する気配がなし。
まいったなこりゃ。

その日はいつもセッティングでアドバイスをくれる方が居たので、相談してみると、
「もしかしたらダンパー抜き過ぎて、バネ感が全面に出ちゃってるのかもね」と。

よし次回はローコンプを固める方向だな。


つづく

writer : ama

theme : サーキット走行
genre : 車・バイク

2012全日本筑波Rd参戦記 その4 練習走行編

3月中旬、待ちに待ったエンジンのオーバーホール完了!
次の休みの日には、ケンツさんに行きシャシダイでエンジンの慣らしを速攻完了。

そして3月21日の水曜日、いよいよサーキットでの走行開始!
去年まではピレリを履いていたが、今年からダンロップにスイッチ。
去年の年末にテストで使用した、旧型のアンビートン02が手元にあったので、まず1本目2本目は、マシン&ライダー様の慣らしも兼ね、旧型の方で走行。

足のセッティングは、まったくデータ持っていなかったので、去年のピレリのセッティングでとりあえず走る。

何週か走り、ダンロップコーナーと最終コーナーでギャップを起点にフロント跳ねるのが気になるなと思いつつも、旧型でセッティング出しても意味ないのでひとまずはライダーの慣らしに専念。

そして3本目、新型アンビートン02新品を投入。
走り出しての最初の印象は、
「ハンドリングの味付けはピレリに近くなったかな」
「タイヤ外径分、車高変えたけど旋回性はピレリの方が上だな」
「グリップは旧型の時点でピレリよりも上だったけど、更に良くなってる」
「しかし新型の方がフロント跳ねるぞコンパウンド変えてギャップの収束性が向上したって書いてあったのに
と良い所もあれば、悪いところもある印象。

こりゃにセッティングをきちんとださないとまともなタイム出ないなと痛感。
半分位走ってピットインし、まずはLOWconpをソフトの方向へ。
多少良くなったが、まだまだ解消には遠い感じ。

この日はかなりの強風&最終コーナー入り口ライン上にオイルが出ていた為、足のセッティング煮詰めるよりライダーの慣らしに専念した方がいいなと判断し、残りはピットインせずそのまま走行。

タイムは2秒中盤。
コンディション悪かったし、今日はこんなもんかな~と思いつつその日の走行は終了。

さて次は来週の水曜日だ。

つづく

writer : ama

theme : サーキット走行
genre : 車・バイク

2012全日本筑波Rd参戦記 その3 プロローグ

正直なところ、昇格申請が来てうれしいようながっかりしたような複雑な気持ちでした。
2011年の手応えから「年間チャンピオンもいけるかもしれない。チャンピオンとっ名を残すのも悪くないな~」と考え始めていたので。

なにはともあれ、せっかく国際に昇格したので全日本には挑戦してみたい!
まずは現状の状況の整理。

エンジンオーバーホール中で、1月中旬位には預けたがパーツがタイの洪水の影響で届かず、完了するのが3月10日前後・・・。
2012年の全日本茂木Rdは開幕戦。 3月30日からレースウィーク・・・。
茂木が一番得意なんだが、さすげにライダーを仕上げるのに時間が足りなさ過ぎる。

となると筑波Rdがターゲットに。
しかし筑波は他のサーキットより圧倒的に走ってる回数多いのに、なんだか苦手。
ここをこうしたらタイムが出るはずっていう感触が掴みにくい・・・。
そして予選のレベルが高い。
今年の予選ボーダーラインは59秒中盤か下手したら前半になりそうな悪寒が・・・。

筑波のベストタイムは1秒フラット。
茂木の最終戦の特スポでは2分1秒フラットまでは出ていたので、筑波換算で0秒5。

筑波Rdのレースウィークは5月11日から。
エンジンの慣らしが終わってから練習出来るのは約1ヶ月半。

たったそれだけの期間で1秒も削れるのか?
赤っ恥かいて予選落ちはイヤだな~と悪い方向悪い方向に考えてしまい参戦するかどうか決め切れない。

そんなウジウジ悩んでいた頃、その時よく遊びに出掛けていた知人の女の子にチョロっと話してみたところ
「せっかく上にあがれたんだから挑戦してみなよ!」と男らしい言葉を頂戴。

その一言のおかげで気持ちも軽くなり「それもそうだよな、やるだけやってみるか~」と挑戦してみることに!


つづく


writer : ama

theme : サーキット走行
genre : 車・バイク

05 | 2012/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Author:aMac74
ライダー:  ama
ブログ管理人:Mac

■ リンク
アマックTwitter
YSP茅ヶ崎店長
世界四季報
・レースリザルト

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。