スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012全日本筑波Rd参戦記 その11 全日本編

いよいよ迎えた全日本筑波ラウンド。
前日の深夜に筑波入りし、翌朝割り振られたスペースにテントを設置。
スポット参戦組みは端っこ北駐車場。周りにはST600のスポット参戦組みがいっぱい。
今年の昇格組には負けられんなぁと思いつつ走行準備。


エントリーリストの面子から、おそらく予選のボーダーラインは59秒5前後と予想。今日のうちにどうにか59秒台に入れておきたい。
まずは中古タイヤで走行なので、0秒フラット辺りを目標に走行開始。
走り出しすぐに0秒台へ。やっぱりこの前の感触は間違いじゃなかった!と実感。

一本目は、目標タイムを目指すだけでなく、前々からの自分の課題である、1コーナーの侵入でリアを無駄に流れるのを抑える為に、ライン取りやクラッチワーク、ブレーキング時のシートへの荷重の掛け方など色々試しつつ走る。
しかしながら目標には届かず0秒5で終了。

2本目は新品タイヤを投入してアタック。
全日本選手に引っ張られていいタイムが出ればいいなと淡い期待してたが、フル参戦組の下位の方の選手とは上手くタイミングが取れず、上位陣と絡んでもサクッと抜かれてあっと言う間に遠くに行ってしまったりでほとんど参考にならず。
タイムは0.2秒しか縮まず0秒3。新品タイヤなのに
こりゃ予選通過出来るか怪しいかもな...と焦りつつ走行終了。


夕方にはブリーフィングがあり、サーキットホールにいつも雑誌で見てる、そうそうたる面子が集合。
ブリーフィング自体も選手権の時とは雰囲気が全く違う。地方選だとサーキット側からレース進行の説明を受けるだけだが、全日本だとサーキット側から選手側に意見を求めたり、選手側から意見を出したりとなんだかプロフェッショナル。「あー、やっぱ全日本は違うな」とフリー走行よりもブリーフィングの方で全日本を実感してましたw



さ、明日は泣いても笑っても予選本番!


writer : ama
スポンサーサイト

theme : サーキット走行
genre : 車・バイク

2012全日本筑波Rd参戦記 その10

全日本前、最後の練習走行は、GW最後の5/6。

タイヤは、悩み悩んでピレリで行く事にしました。
決め手は、ピレリは今までのセッティングデータがあるのと、新品ピレリ 1セット(去年の茂木最終戦で雨降られての使い損ね)が手元にあったことの2点。
ただ、ダンロップの乗り方に大分慣れてきていたので(特にフロントタイヤの使い方がピレリとは全然違うので)たった数回の練習走行でピレリの乗り方にライダーがアジャスト出来るかどうか不安な部分拭い切れず。はたして吉と出るか凶と出るか。

この日はB枠とR枠合わせて5本あり、全部走ってやらぁーと意気込んでたが、さすがに筑波の予約合戦でそこまで勝ち戦ができる訳もなく、結局はR枠2本と翌月予約で取ってたB枠1本を獲得(それでもかなりの上出来ですが)
3本取れたのはいいが、しかしタイミング悪く天気予報では午後には雨になるとのこと
「頼むからせめてR枠2本の時間帯には降ってくれるなよ」と祈りつつ筑波入り。


当日、マシンの走行準備を終え、「R枠B枠買います!」の張り紙も張り付け準備万端。
SC2の終わりかけのタイヤを履き、ダンロップで出したセッティングのまま、1本目を走る。
久しぶりにピレリで走るとビックリで、
「なんだこのぽよんぽよんのタイヤは!剛性のゴの字もありゃしないな」
とダンロップとの特性のあまりの違いにライダーがついて行けず。
終始チグハグで乗り切れないまま、2秒中盤で終了。

「やっべー、タイヤ変えたの失敗だったか?」
若干凹みつつ、焦りつつ2本目を待つ。次はリアにSC1の新品を投入し、ライダーの自信的な巻き返しを図る。
タイヤを交換していると、B枠を譲って頂ける方も現れ、これで最後のB枠は雨で走れないとしても、後2本は走れそうだ!と喜んでいると、まさかの雨がポツリポツリと!
すぐに土砂降りになり、しまいにゃ雹まで降ってくる始末!なんか強風でピットの中まで雨入ってくるし、まるで台風のよう。
067.jpg
068.jpg
(この日はあの大きな被害を出した竜巻が発生した日でした)


しかしすぐに雨がやみ、日差しが出てくる。
もしかしたら2本目までには路面が乾くかもしれんと淡い期待を抱きつつ、走行準備をする。
069.jpg

2本目の走行時間には乾き始てきたが、まだまだドライタイヤでは走れなさそうな状態だったので、走行は見送ることに。
10分ほど他の走ってる人を眺めていたら、いつもサスセッティングでお世話になってる方に「燃調セッティング変えたんなら、具合だけでもみてきたら?」と言われ、そうれもそうだなと、急遽走ることに。

走ってみると、割と走行ライン上が乾いてきていて、何箇所か注意すれば意外と走れることに気づく。
コースインしてラッキーだったなと感謝しつつ、SC1の感触を確かめる。
ひとまず一本走ったおかげか、ピレリの特性にもなれてきて、かなり乗れてくる。
15分程しか走れなかったが、燃調もいい方向へ行ったし、全体的にかなりの好感触で終了。
後は0秒前半叩き出せれば、自信も戻りそうだ。

これでR枠は終了なので、後はB枠のみ。

3本目のB枠は完全ドライで走れる。
ただ、やっぱりB枠だと前走車をかわしつつ、様子を見つつになるのでどうしてもクリアラインが取れない
至る所で抜いて、また抜いてを繰り返していたが、タイムは1秒フラット近くを連発。
表示的には0秒前半は出なかったが、感触的には入っていたので、かなり気分は上々で走行を終える。

さて4本目のB枠はさすがに天気キビシイかな~アメッシュ見ながら思っていたら、案の定また台風のような土砂降りの雨。風もかなり強く、この後の走行枠は中止に。走行代も返金になったのでちょっとラッキーでした。


さて次はいよいよ全日本のレースウィーク突入だ!!


writer : ama

theme : サーキット走行
genre : 車・バイク

2012全日本筑波Rd参戦記 その9 筑波地方選編

迎えた本番当日。
今回の筑波選手権を走る目的は三つ。

まずオーバーテイクの経験値を増やすこと。
レース参戦数自体がまだ他の人に比べて少ないので、全日本までに少しでも多く場数を踏みたい。

2つ目にレースペースで25週以上走ったときのフィーリングを知ること。
その為、タイヤは予選決勝で1セット通しで行きます。(今までのドライのレースは全部、予選決勝1セットですましてきたので今まで通りではあるんですがw)

3つ目に0秒中盤までタイムを出すこと。
事前の練習では全くタイム出ていないので、少しは自信をつけたい。


~ 予 選 ~

かなりガンバったつもりなのに、0秒9しかでない・・・
しかもペースが上がったからか、またチャタリングがひどくなるし、予選中にオーバーテイクした同じST600(I)の方になぜかタイム負けてるし

総合16/24位 クラス7/9位 、 ST600(N)で換算しても12位というダメダメっぷり・・・。
まぁ、決勝はスタート決めてどうにか全日本レギュラー参戦ライダーの方について行こう。


~ 決 勝 ~

サイティング、ウォームアップランを終えグリッドにつく。
回転数を一定に保ち、クラッチを少しつなげる。
レッドシグナル消灯で間髪入れずクラッチミート。
今までいつもスタートは失敗してたが、練習の成果かバッチリ成功!!このまま何台か抜いたる!!
と思いきや、前方でエンジンストールし、手を上げてる車両が一台!!
アクセルを戻し、車両をかわす。
割りと危なかったなと思いつつ、気を取り直し再加速。
しかし時既に遅し、ST600(I)の面々には全部抜かれ、しまいにゃネイキッドにも抜かれる!
さすがにネイキッドには負けれん!と気合で1コーナーはアウトからまくる。
1ヘアまでにはネイキッドをうまくかわし、ZX-6R#71の後ろにつける。

132515792v1341121224.jpg
132515942v1341121225.jpg
写真 : 猫又さん

ちょうど前にはST600のタイム出てない者同士が自分入れて4台w
全日本ライダーはもう遥か彼方へ行ってしまったので、今回の目標を4台の中での最上位に変更。
数週し、まずはZX-6Rにオーバーテイクを仕掛ける。
無事オーバーテイク(確か2ヘアだったっけな)し、次のターゲットのCBR#7を追いかける。
途中で後ろからリッターバイクが追い上げてきたのでさっさと行ってもらい、他のST600もあっと言う間に抜いて行ったので、完全なST600の4台集団状態に。(YZF-R6#42の方は去年までGSX-R600で、もし乗り換えしてなかったら国内4メーカーフルコンプだったなw)

131765249v1341411569.jpg
写真 : ほりさん                  リッターストレート早すぎ!の図

集団の先頭のYZF-R6#42のペースが上がっていかないようで、自分もCBRにすぐに追いつく。
すかさず2ヘアでCBR#7がR6#42のインを突きオーバーテイク。 
たまらずR6#42が大回りになったところを狙い、立ち上がりでイン側につく。
バックストレートは並んだまま走り、そのまま最終コーナー侵入でオーバーテイク。

さ、後はCBR#7だけ!
だが、ガンバって色んな所で仕掛けようとするが、イン側を小回りするライン取りで中々行けない。
1コーナー、1ヘア、2ヘア、最終コーナー侵入と至る所でつっつくが抜かせない

131767452v1340691384.jpg
131767126v1340691381.jpg
写真 : ほりさん


写真 : nobisukeさん

そうこうしている間に両手が腕上がり気味に
抜こうとガンバって、かなり腕を使ってバイクを振り回してたみたい。
タイヤのグリップも落ちてきて、2ヘアでハイサイドも起こしかける。 一気に距離を離され射程圏外へ。
最後はなんとか耐えて走り、ST600タイム出てない組みでは見事2位を獲得w

久しぶりのレースで、レース自体が楽しかったのはいいが、肝心のタイムは1秒0とちっともでない・・・。
全日本事前合同テストには金銭不足で参加出来ないので、残す練習はGW最後の5/6だけ。

自分なりにかなりガンバったつもりだが、ダンロップのセッティングは出せず終い。大幅なセッティング変更を試すには残り1回の練習では時間が足りなさ過ぎる。
となると、ピレリに戻すことも視野に入ってくるが、いくら去年一年乗っているとはいえ1回ではたしてライダーが適応出来るかどうか。
さあどうする、どうすんのよ俺?!


つづく

writer : ama

theme : サーキット走行
genre : 車・バイク

2012全日本筑波Rd参戦記 その8 筑波地方選編

4/20 筑波選手権前の特スポ、本番前の最後のテスト走行。
ここでセッティングでなけりゃ明日悲惨なことに・・・。

この日はいつもアドバイスをくれる方がいらしたので、お願いセッティング見て!と泣きつくw
ひとまず現状のセッティングでの走行を見て頂いき、一度ピットイン。
イニシャル2→1.5回転のソフトヘ。 ローコンプ6→5の1クリックハードへ。
こんな僅かな変更なのに、フィーリングは大きく向上
ホントいつも感謝感謝です。

フロントはひとまず良くなったので、次は前々からやろうと思っていたリアのセッティングを試す。
最終コーナーの旋回性を上げたかったので、リアのハイコンプを0.5回転ハードヘ。
フロントにもリアにも悪い影響は特にでず、狙い通り旋回性能は向上

タイムは1秒6で終了。 フィーリング良くなったのに前回とタイム変わらん。
タイヤが終わりかけとは、全日本予選通過には程遠いな

ひとまず
1ヘアの侵入で、ギャップを拾いフロントタイヤが明後日の方向を向く → 解消
ダンロップからMCに掛けてのチャタリング → 解消してないが大分減少
最終コーナー → 怪しいがひとまずはOK
と始めからしたらかなりフィーリングは向上。


4時からのスタート練習ではまずまずの手応え掴み(スタート苦手なのであと10本位練習したかったw)、この日の走行は無事終了。

ピットで翌日に備えマシンを整備。
整備していると、大木さんがピットに来てくれたのでいつものように色々話を聞いてもらう。
自分の走行を見て頂いてたみたいで、前後のバランスは悪くないそうだ。
もしかしたらフロントの突き出しやりすぎかもねと。(自分は標準より3mm多い)
他にも色々とアドバイスを頂きました。大木さんにもいつも感謝感謝です。

「ここしばらく、セッティングについて色んな人に色々聞いて回ったんだけど、信用できる詳しい人はみんな、基本的なところは同じ方向にむくんだよな~、面白いことに。」
などと考えながら作業し、7時位には整備完了。
当然外は真っ暗でピットに人はいるが、整備してる人は自分だけのようだ。
さっさと飯くって寝よう。


つづく

writer : ama

theme : サーキット走行
genre : 車・バイク

06 | 2012/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

aMac74

Author:aMac74
ライダー:  ama
ブログ管理人:Mac

■ リンク
アマックTwitter
YSP茅ヶ崎店長
世界四季報
・レースリザルト

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。