スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年全日本もてぎ決勝

決勝も小雨がやまず、フルウェットでの走行。

先ほどのウォームアップ走行で転倒しかけたのに懲りて今度はウォーマーを使用。


決勝の時間がきて、サイティングラップ開始。

まずは、タイヤのグリップの確認。

ウォームアップ走行のときとは違って、最初からしっかりグリップ感あり。

これなら1周目から安心して行ける。


ホームストレートに戻って、30番グリッドにマシンを付ける。

このあたりのライダーは、ウォームアップ走行でペースがまったく上がっていなかった

ので、早めにパスしておきたいところ。


ウォームアップランは、しっかりタイヤに熱を入れるように心がけて走る。

グリッドにつき、「今度こそはスタート決めてやる!」と集中。


フラッグを持った人が、撤収して、レッドシグナル点灯。

レッドシグナル消灯。


スタートの反応はバッチリで、「抜けだした!良し行ける!」

と思いきや、クラッチを繫ぎすぎてしまい、回転数が一気に下る。

クラッチを握り直して、回転数を上げ再度加速。

しかし間に、何台かに抜かれ順位はほぼ最下位に。

またもやスタート失敗。(本番じゃ一回も成功したことないな


1コーナーでは、案の定イン側が渋滞している。

リスクは高いが、アウト側からまくるのを選ぶ。

イン側で誰かがコケたら、巻き添えを食らってしまうが、順位を上げよう

としたら行くしか無い。

幸い誰も転倒せず、1、2コーナー通過。

ストレートで1台のイン側に並び、3コーナーのブレーキングでパス。

3コーナーを問題なく立ち上がり、4コーナーへ。

4コーナー侵入で2台前のホンダのバイクがスリップダウン。

ライダーが自分の進路上に滑って来る!

「ヤバい!轢く! 」と一瞬目が釘付けになったが、なんとか轢かずに回避。


4コーナーを立ち上がり、先には少し間をあけてヤマハのマシン。

全くペースが上がっていないようで、5コーナーのブレーキングで一気に

詰める。

立ち上がりで追いつき、アンダーブリッジでイン側につけ、そのまま

130Rの侵入でパス。


次のライダー(確かヤマハ)とも距離が離れていたが、130RとS字

の処理で一気に追いつき、V字ブレーキングでパス。

その次のカワサキのバイクは、割りとすぐ近くにいたので、そのまま

ストレートで並びたかったが追いつかず。

ただ、コーナーは遅かったので、ヘアピンはアウト側からまくる。

さすがにコーナー中に、オーバーテイクは出来なかったが、立ち上がりで

クロスラインを取って、ダウンヒルストレートで横に並ぶ。

前にも一台ヤマハのオレンジ色のマシンが見える。

少し距離はあったが、ぬるいブレーキングしたら一気に行ってしまおうと、

イン側へポジションニング。

カワサキのマシンはそのまま90°コーナーのブレーキングでパス。

ヤマハのマシンにも一気に追いつくが、オーバーテイクまではできず。


1周目90°コーナーの動画


90°を立ち上がり、アンダーブリッジ手前。

とっとと仕掛けて抜こうとアクセルを開けた瞬間!

ハイサイド!キレイな一本背負いで背中から着地。

「何やってなんだ俺!」と思うも時すでに遅し。

マシンに駆け寄り再スタートを試みるが、クラッチは切れず、アクセルも回らず・・・。

やむなくリタイアとなってしまいました。


転倒の瞬間
「とりあえずカマタの さん」



いつもながら、コースサイドからレースを眺めてるときは、ホント惨めな気分・・・。


theme : モータースポーツ
genre : 車・バイク

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

aMac74

Author:aMac74
ライダー:  ama
ブログ管理人:Mac

■ リンク
アマックTwitter
YSP茅ヶ崎店長
世界四季報
・レースリザルト

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。